誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の用途別適用事例:キャップシール(封止)

用途別適用事例:キャップシール(封止)

食品、医療業界では、キャップと容器との間に高速な気密シールが必要です。
先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した誘導加熱装置は、キャップシールのアプリケーションに次のような利点を提供します:

  • 信頼性の高いシール
  • 生産ラインへの容易な組み込み
  • 高い処理速度

キャップシール(封止)

高周波誘導加熱(IH)活用による利点

キャップシールの構成

キャップからコンテナへのシールは、ワックス層、アルミニウム層、そしてポリエチレン(PE)層(左図)からなる積層ディスクで構成されています。
アルミニウム層は、誘導コイルによって生成される電磁界で125-150°Cに加熱され、サセプタとして機能します。
その後、十分にキャップと容器の間に気密シールを生成するために、ワックスとPEの層を加熱します。
高速自動化されたプロセスをサポートするため、加熱時間は100ミリ秒程度です。

キャップシール(封止)に適した高周波電源の出力レンジは、部品や処理の要件によりますが、1から20kWです。

シール(封止)の概要

キャップシール(封止)のライナーは多層基板で構成されています:
シール(封止)の概要

  • 材料の最初と最も厚い層は、ボードの再シールです。
  • 次は、ボードを再シールするためにアルミ箔を保持するために使用するワックスの層です。
  • 次は、アルミ箔です。
  • 最後のヒートシールのフィルムは、密封される容器の種類と互換性があります。

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.