誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の用途別適用事例:カーバイドの先端加工

用途別適用事例:カーバイドの先端加工

様々な径のドリルビット(0.25″~1.5″)は、スチールのドリル軸に超硬切削先端加工を必要とします。
約1900°F(1037°C)のろう付け温度は、誘導加熱に適しています。
時間は、直径0.5″での11秒から直径1.5″での32秒の範囲です。

カスタム4ターンヘリカルコイル(可変サイズ用)のセットによる20kWの誘導加熱装置において、カップリングと加熱効率が最大になります。

高周波誘導加熱(IH)活用による利点

カーバイドの先端加工

  • 少ない不良と高品質
  • 障害に強いジョイントの再現性
  • 迅速な昇温、冷却のサイクルを持つ高速な生産
  • ヒートゾーンの正確なアプリケーション
  • 生産ラインへの容易な統合

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.