誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の産業別適用事例:ナノテクノロジー

産業別適用事例:ナノテクノロジー

誘導加熱は、生体内や試験管内のナノ粒子溶液の温度を上昇・管理する発熱処理にも活用されています。
先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した高周波誘導加熱装置は、研究に必要なパワーと周波数のニーズに応じて、調整可能な1kWから10kWの出力レベルと設定可能な150kHzから400kHzの周波数を提供します。
コアの磁界強度は、最大125kA/mまで達成することができます。

ナノテクノロジーキット

"誘導加熱ナノテクノロジーキット
誘導加熱のナノテクノロジーキットには以下を含みます。

  • 誘導加熱電源 EASYHEAT:1kW-10kW、周波数 150kHz-400kHz
  • 発熱療法用に設計されたコイル3点:
    内径:1″, 2.5″, 4″
  • 光ファイバー温度センサー(オプションのコントローラ付)
  • PC接続用のシリアルデータリンクケーブル
  • スターターキット:
    プラスチックとガラスのバイアル、絶縁紙

ナノテクノロジーキットの説明動画

ナノテクノロジーキットについての説明動画です。

高周波誘導加熱のアプリケーション

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.