誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の用途別適用事例:金属溶解

用途別適用事例:金属溶解
先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した高周波誘導加熱装置は、信頼性・再現性に優れ、非接触でエネルギー効率の高い加熱を短時間に行います。
誘導が溶解した金属の中に渦電流を生成し、それにより発生する力で攪拌作用を起こし、非常に均一な製品を生み出します。

高周波誘導加熱(IH)は、加熱が早く温度勾配を制御することができ、結果として一貫した品質を得ることができます。
鉄も非鉄金属も誘導加熱炉で溶かすことができます。
誘導加熱による溶解の柔軟性と清浄度は、旧式の製鉄所や鋳物工場には真似できない優れた方法です。

誘導加熱炉に使われる高周波電源の出力レンジは、金属やアプリケーションによりますが、1から20kWです。

金属溶解のセットアップ

るつぼ溶解しようとする金属を、グラファイトのような非導電性の耐火材料で作られた、良く断熱されたるつぼの中に入れます。
断熱は放射による熱損失を軽減する為に必要です。
るつぼは誘導コイルの中に置かれRFパワーがかけられます。
金属は溶解され、利用方法によっては液体状に維持されます。

必要な材料

溶解される金属
導電性であることが必要
るつぼ
非導電性
るつぼの回りの断熱材
誘導コイル
熱源
信頼性、再現性に優れたAmbrellの電源が最適です。

一般的な応用

  • 鋳造(上記参照)
  • 金属部品の接合
  • たとえば航空機エンジンのタービンブレードなど;
    複雑な形状の部品の機械加工の為に、保持の目的で使われた柔らかい低融点の金属を落とすため。

純金属の溶融温度

アルミ 660°C
1083°C
グラファイト 3717°C
1536°C
モリブデン 2610°C
ニッケル 1453°C
プラチナ 1769°C
チタン 1668°C
誘導加熱のアプリケーションノート
誘導加熱による様々なアプリケーション(適用事例)の資料 icon-files-o をご用意しております。
詳しくはこちら

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.