誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の用途別適用事例:金属鍛造

用途別適用事例:金属鍛造
金属加工で最も古い手段である鍛造は、ハンマーで金属を変形させる方法を含み、金属の強度を高めます。
ほとんどの場合、加熱成形プロセスは、オーブン中、直火または誘導加熱により金属の温度を上昇させます。

開放型鍛造は、通常 鉄床に対して、ハンマーで金属を打ち付けます:短期や単体での作業に適しています

型鍛造(あるいは密閉型鍛造)においては、二つの型の間で圧縮され、型によって金属は変形されます。
鍛造された金属は、すぐれた結晶粒組織、および機械的特性の最適な組合せを備えています。

熱を加えるということは、再結晶する温度以上で変形させることになります。
この過程は、均一に加熱することが必要です。
適用する成型品の形状はシンプルで、棒、管、シートメタルなどの成型に利用します。

高周波誘導加熱(IH)活用による利点

誘導加熱による鍛造

従来のガス炉や火炎による処理は、エネルギーの点からも時間の点からも非効率な方法です。
しかし先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した高周波誘導加熱装置により、ワークのみに迅速かつ正確な加熱を実現することが可能となります。
コンパクトな装置構成は、加工場所の鍛造処理に統合することができます。
またリモートヒートステーションを鍛造処理の生産ラインに直接配置することにより、高速で大量に鍛造するプロセスに使用することが可能です。

誘導加熱のアプリケーションノート
誘導加熱による様々なアプリケーション(適用事例)の資料 icon-files-o をご用意しております。
詳しくはこちら

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.