誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の産業別適用事例:医療機器

産業別適用事例:医療機器

誘導加熱は、医療機器や電子機器の製造、医療研究の分野のさまざまなアプリケーションでも使用されています。
カテーテルの先端加工、小型治具のろう付け焼鈍(アニーリング)金属のプラスチックへの溶着など、精密さやクリーンさが特に要求される医療分野には、ピンポイントの精度で小さな領域を加熱する非接触の誘導加熱が適しています。

高周波誘導加熱(IH)による利点

先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した高周波誘導加熱装置は、他の加熱方法に比べ多くの長所があります。
カテーテルの先端加工

  • 非接触の加熱のため、パーツを汚染しません
  • 有害な排気を出しません
  • ソリッドステートの優れた再現性
  • ピンポイントの精度
  • 速いサイクルタイム

代表的なメディカルアプリケーション

作業内容 作業箇所 加熱温度/秒数
アニーリング 不活性ガス中にてスチールチューブ 30秒で1093°C
接着 手術メスのプラスチックハンドル 2秒で232°C
ろう付け メディカル用ヒートセンサープローブ 60秒で705°C
ろう付け スチール製歯科用器具 3秒で705°C
ろう付け スチール製歯列矯正用部品 1秒で705°C
カテーテルの先端加工 テフロンチューブ 8秒で371°C
焼き入れ 手術用メス 2秒で1093°C
カテーテル カテーテル先端加工用の型 3秒で205°C
ヒートセット 形状記憶合金(ニチノール) 15秒で524°C
プラスチックリフロー カテーテルチューブ 5秒で121°C
焼き嵌め スチールバンドの内側にグラファイトのリングインサート 14秒で538°C

 

高周波誘導加熱のアプリケーション

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.