誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の産業別適用事例:鋲螺(ねじ)製造

産業別適用事例:鋲螺(ねじ)製造
ボルト、ねじ、リベットなどの工業用鋲螺(締め具)の製造では、生産率と品質を向上するため、ヘディング、ねじ切りなどで加熱成形がよく使用されます。
従来は、ガス炉や火炎により加熱されていましたが、時間とエネルギーの面から効率の悪いものであり、作業者のスキルによる精度のばらつきもありました。
誘導加熱装置を使用することにより、必要な加熱が、効率的で正確に、かつ最大限の再現性で提供されます。

高周波誘導加熱(IH)による利点

先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した高周波誘導加熱装置は、他の加熱方法に比べ多くの長所があります。

  • 一貫性: パーツを正確で均一に加熱
  • 品質: スプリングバック効果の排除により延性を改善
  • 生産性の向上: ポストプロダクションの焼き戻しと熱の扱いを低減
  • 安全: パーツへの少ない圧力と最小の残存ストレス
  • 経済的: 金型上の圧力を軽減し、金型の寿命を延長

加熱成形のための予備加熱

予備加熱

予備加熱は、金属(ボルトやねじの頭)を成形する製造プロセスにおいて、大きな有利性を与えます。
予備加熱により、金属のスプリングバック効果を減らし、延性が改善されます。
また比較的低い圧力と小さな残留応力での成形が可能となります。

加熱成形

加熱成形プロセスでは、部品の機械的特性と、製造後の焼き戻しや熱処理の必要性を減らす、より良い粒子の流れと微細構造を生みます。
これにより歩留まりを改善し生産性を大きく向上させます。

コールド成形 低温加熱成形 高温加熱成形
温度 室温 204-482℃ 704-1093℃
金型圧力 最低
ストレス 残留 中程度 最小
粒子の流れ より良い 最良
スケール 無し 少ない ある

 

高周波誘導加熱のアプリケーション

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.