誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の産業別適用事例:自動車産業

高周波誘導加熱は、車体やエンジン、電気回路、ステアリング、燃料系、排気系などの様々な自動車部品製造の熱加工処理に使用されています。
再現性が高く操作が容易、また装置もコンパクトであることから、製造ラインの自動化にも大きく寄与しています。

カムシャフトギアなどの大きなパーツは低い周波数で、フレキシブル電子回路のような小さなパーツでは高い周波数を使用することにより、より効果的に加熱できます。
誘導加熱の産業別適用事例:自動車産業

高周波誘導加熱(IH)による利点

先進のソリッドステート技術による誘導加熱電源を活用した高周波誘導加熱装置は、他の加熱方法に比べ多くの長所があります。

  • 優れた再現性
  • 速いサイクルタイム
  • ピンポイントの精度
  • オートチューニングの柔軟な設定
  • ユーザインターフェイスの向上
  • スクラップと再加工の削減
  • 排出ガスの削減
  • 収益性の向上

自動車製造工程での高周波誘導加熱の適用例

ろう付け(ブレージング)はんだ付け焼き入れ焼き嵌めなど多くの熱を利用する処理において、信頼性・再現性に優れた誘導加熱は、ばらつきの無い高い精度での製造工程を提供します。
また、コンパクトな構成の誘導加熱装置は、生産ラインへの統合も容易です。

作業内容 作業箇所 加熱温度/秒
不活性ガス中のブレージング 油圧系ホースアセンブリ 1204°C/7秒
接合 ビニールトリム 260°C, 7m/分
接合 ラバーガスケットとスチール製ガスインテークマニホールド 160°C/8秒
焼き入れ 回転軸 927°C/2.5秒
銅のろう付け オイルサクションアセンブリ 1010°C/15秒
キュアリング アルミ製オートトリムの接着 260°C, 10m/秒
キュアリング スチール製モーターシャフトの内側の接着 143°C/30秒
キュアリング バックミラーブラケットの接着 149°C/5秒
焼き入れ シートベルトのスチール製リトラクタギア 927°C/2秒
加熱 エンジンバルブヘッド 482°Cで長時間耐久テスト
予備加熱 トラック車軸シームの溶接 149°C/15秒以上
挿入 プラスチックテールライトへスチールスタッド挿入 232°C/15秒
焼き嵌め 50mm厚スチールカムシャフトギア 260°Cで4分
焼き嵌め アルミ製燃料ポンプハウジングスチール製パーツの挿入 191°C/60秒
はんだ付け ラジオアンテナ 316°C/2秒
はんだ付け フレキシブルハーネス(配線) 84°C/6.5秒

高周波誘導加熱のアプリケーション

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.