誘導加熱(IH)装置の設計と開発

MENU

誘導加熱の産業別適用事例:アルミ加工

産業別適用事例:アルミ加工

アルミのろう付け

ろう付けプロセスは、強固な接合を生成しながらベースとなる金属は溶融しません。
ろう付けは他の接合技術に比べて明確な利点を提供しています:

  • 類似または異種の金属をろう付けすることができます
  • ろう付けはより低い温度を使用し、歪みのない接合部応力をもたらします
  • 完成品の三次元の整合性を容易に制御します

ろう付けされたアルミチューブ
ろう付けされたアルミチューブ

アルミに誘導加熱?

スループットやパーツのクオリティ、生産効率に関心をお持ちの場合、誘導加熱は理想的なろう付け方法です。
トーチろう付けやろう付け炉を誘導加熱ろう付けに代えることができます。

トーチろう付けはろう付けの最も一般的な形式ですが、熟練した技術者を必要とします。
しかしながら、多くのメーカーは熟練ろう付け技術者を見つけるのは難しく、裸火は製造工場の規制と安全性の懸念を招きます。

もう一つの広く使われている技術がろう付け炉です。
製造会社は製品の品質を上げながら、生産効率を向上させ、製造コストを削減し、エネルギーとスペース効率の悪い炉を交換しようとしています。

誘導加熱は、高品質部品の無駄のない製造プロセスを実現しながら、熟練技術者の削減、エネルギーコストの削減、装置の設置場所の削減によってトーチとろう付け炉の問題に対処しています。

アルミチューブ
エアコンの蒸発管のアルミチューブのろう付けをトーチから誘導加熱に変更。
分割らせんコイルが接合部の加熱を容易にします。

高周波誘導加熱(IH)による利点

スループットの向上 ろう付けを必要とされる部分にのみ熱を発生させます
高品質 部品の歪みのない優れた品質
再現性 コイルと加熱プロセスを定義後、正確で一貫した品質のろう付けを何度も繰り返すことができます
容易な統合 無駄のない製造プロセスへの組込み
安全性 裸火がなく、高温炉もありません
小さな設置面積 工場の貴重なフロアスペースの有効活用

スマートなろう付けソリューション

アルミニウムは誘導を使用しての加熱に多くのエネルギーを必要とし、その熱伝導率は銅に比べて60%です。
加熱のためのコイルデザインと時間が、アルミパーツの誘導加熱ろう付け処理で重要です。
低い温度でアルミをろう付けする進歩は、アルミを大量にろう付けする火炎や炉での加熱を効率的に誘導加熱へ置き換えることを可能にしました。

アルミパーツのろう付けは、アルミ合金のための適切なろう付け充填材とろう付け合金の適切なフラックスを必要とします。
ろう付け充填材メーカーは、それらの合金で動作するろう付け合金とフラックス材を用意しています。

アルミろう付け材の温度スペクトラム

アルミろう付け材の温度スペクトラム

高周波誘導加熱のアプリケーション

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5737-8333 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

高周波誘導加熱のアプリケーション

大田区「優工場」認定企業です

大田区「優工場」

アロニクスTwitter

PAGETOP
Copyright © アロニクス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.